修理料金表(2017年4月~)

スピーカーユニットのみ、ネットワークのみでお預かりした場合の 1本分の一般的な修理価格 です。

お預かりする修理ご依頼品の状態はさまざまですので、現物をお預かりの上、正式なお見積りをさせていただきます。

なお、システムとしてお預かりの場合は別途脱着、梱包費用等を申し受けますのでご注意ください。

 

ここに記載されていないモデルの修理価格につきましては、お気軽に お問い合わせ ください。

スピーカーユニット修理:エッジ貼り替えが必要なタイプ(ウレタンエッジ等)

●メーカー:JBL、ElectroVoice、YAMAHA、ONKYO など海外製品、国内製品問わず


【修理内容:エッジ貼り替え、磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整】

基本的にエッジ貼り替えに磁気回路のオーバーホールを含みます。ほとんど全ての個体は磁気回路に酸化、汚れがあり、動作に影響を与えます。エッジ貼り替え時に磁気回路のオーバーホ―ルを行うことでユニットをより長く快適にお使いいただけるようになります。

口径

モデル例

価格(税抜)

価格(8%税込)

46cm

JBL:2245H

41,500

44,820

38cm以上

JBL:2235H、2231A、LE15A、136A

34,500

37,260

30cm以上

JBL:2214H、LE125S-12、LE14A、1400Nd

33,500

36,180

25cm以上

JBL:2121、2122H、125A

28,500

30,780

20cm以上

JBL:LE8T、116A

27,500

29,700

20cm未満

KEF:B110

26,500

28,620

ドロンコーン

JBL:PR10、PR15

20,000

21,600

その他

DIATONE:P-610

12,800

13,824

その他

Lowther:PM6

38,000

41,040



●メーカー:TANNOY


【修理内容:エッジ貼り替え、磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整、高域側ボイスコイル再引出】

TANNOYのユニット修理には「高域側ボイスコイルの再引出」を含みます。多くのTANNOYユニットでは、高域側ボイスコイルの引出部の酸化が進行しています。再引出を行うことにより、高域側の断線を予防することができます。

口径

モデル例

価格(税抜)

価格(8%税込)

38cm以上

HPD385、Canterbury15ユニット、3828

64,500

69,660

38cm未満

HPD295、HPD315、Canterbury12ユニット、Stirlingユニット(ゴムエッジ)

63,500

68,580


スピーカーユニット修理:エッジ貼り替えが不要なタイプ(ドライバー、紙エッジ、布エッジなど)

●メーカー:問わず


【修理内容:磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整】

タイプ

モデル例

価格(税抜)

価格(8%税込)

一般的なユニット、コンプレッションドライバー等

JBL:075、375、2405、2420、2440、275Nd、475Nd、D123

ALTEC:288-16G、802-8D

21,000

22,680

同軸2Wayユニット

ALTEC:604-8G、605B

38,000

41,040

特殊な素材が使われいてるユニット

ALTEC:755E

37,000

39,960

特殊な素材が使われいてるユニット

GOODMANS:AXIOM80

60,000

64,800

特殊な素材が使われいてるユニット

JBL:D130(後期布エッジ)、130A(後期布エッジ)、2213H

45,000

48,600



●メーカー:TANNOY


【修理内容:磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整、高域側ボイスコイル再引出】

TANNOYのユニット修理には「高域側ボイスコイルの再引出」を含みます。多くのTANNOYユニットでは、高域側ボイスコイルの引出部の酸化が進行しています。再引出を行うことにより、高域側の断線を予防することができます。

タイプ

モデル例

価格(税抜)

価格(8%税込)

同軸2Wayユニット

TANNOY:MonitorGold(15,12,3LZ)、Westminster/HE

48,000

51,840

ネットワーク修理

●メーカー:JBL、TANNOY、ALTEC等


【修理内容:動作チェック、部品交換、半田修正、接点クリーニング】

不良素子があった場合の部品交換は別途加算させていただきます。

メーカー

モデル例

価格(税抜)

価格(8%税込)

JBL

LX5、N1200、3105、N7000

16,000

17,280

TANNOY

基板型 HPD385

13,000

14,040

TANNOY

箱型 MonitorGold15

16,000

17,280

ALTEC

604-8G用ネットワーク

16,000

17,280

ALTEC

604-8H用ネットワーク

21,000

22,680

スピーカーシステム修理(目安)

システム全体(BOXごと)でのオーバーホール、修理料金の目安は、ペアで 2Way 15万円~、3Way 20万~、4Way 40万~ となります。

ただし、システムにより異なりますので、まずはお気軽に お問い合わせ ください。


ページトップ

© Audiolab All Rights Reserved.